読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

HOATEAのブランドコンセプトと名前の由来

f:id:teastore:20160528182337j:plain

 

以前の店舗からそうなのですが、私の事業の屋号は「HOATEA」になり、店名が「馬場川通り紅茶スタンド」でした。

なので今回の新店舗「ティーストアー」も店名で、屋号は「HOATEA」となります。
私はこの「HOATEA」という名前でお茶の事業を出発して今に至りました。

「HOATEA」を前面に出したり出さなかったりして、ちょっと今までは分かりづらかったと思うのですが。新店舗では茶葉ブランド「HOATEA」として運営させていただく予定です。

「HOATEA」名義をメインで活動していた時期から私のことを知っていていただいた方には、いまだに「HOATEAさん」なんて呼ばれているんですよ。

とても愛着があり、大切な名前です。

 

今回はだいぶ前に作った、HOATEAのブランドコンセプトと名前の由来を添付させていただきます。

ちょっと長いですが読んでいただけたら幸です。

私がこんな思いを込めて紅茶に携わっているんだという部分になります。

よろしくお願い致します。

 

 

HOATEAブランドコンセプト

 

合言葉は「紅茶はともだち」

たった一つのイメージだけではなく、もっと使う人のライフスタイルに合った、身近な友達のように感じられる紅茶スタイルがあったら毎日の生活が楽しいだろうな!
そんな思いから、HOATEAは生まれました。
時には優雅で上品な空間の中で、時には毎日食べる食事のお供として、時にはお気に入りの写真集を眺めながら、時には労働の後の喉を潤す一杯として。
使う人が、使う人の目的で飲まれる紅茶が一番!とHOATEAは考えます。
いままでの「紅茶=」のイメージ中心の紅茶文化から、使う人が選ぶ「紅茶+」の紅茶文化へ。
紅茶をもっとリアルドリンクに。

「やあ、おはよう、今日もよろしく!」、こんな紅茶との会話が聞こえてくるような紅茶スタイルを、HOATEAは皆様にご提案させていただきます。

 

HOATEA名前の由来

 

「HOATEA」の「HOA」には、異なった二つの言語の意味を待ちます。

一つはベトナム語で「花」の意味を持つ「HOA」。
人が花を眺めて心を安らげるように、HOATEAの紅茶も使う人のライフスタイルの中で、心安らぐものでありたい。
花を部屋に飾るように、野に咲く花を摘むように、HOATEAの紅茶が人々の生活の中で活かされる紅茶であることを願っております。

もう一つはハワイ語で「友達」「仲間」の意味を持つ「HOA」。
紅茶をもっと「ともだち」のように接することができたらなんて素敵なことだろう。
嬉しい時も、楽しい時も、悲しい時も、寂しい時も、いつでもそばにいるような存在になりたい。
まだまだ偏ったイメージのある紅茶ですが、HOATEAの紅茶は使う人の「ともだち」でありたいと願っております。