読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

台湾買い付け旅 DAY:1

台湾

f:id:teastore:20160616112850j:plain

こんにちは、6月14日に台湾より帰国いたしました。

台湾の買い付け旅を日記風にアップしますので、よかったらお付き合いください。

 

DAY:1

群馬からの海外旅はまず、成田までの長い道のりから始まる。

13:00のフライトなので朝の余裕は多少あるが、やはり朝早く起きなくてはならない。

空港に着くと、飛行機の遅延があった。

30分ほどなので気にならなかったが、結局、1時間半以上の遅れで台湾へ出発。

前回も同じ航空会社で行きも帰りも遅延があり大変な思いをした。

でも非常に安いチケットなので、まあ文句は無い。

 

台北に着くと、蒸し暑い。

温度は昨年の今時期より高くないが、蒸し暑さはさすがだ。

バスで台北に入り、常宿となった安ホテルにチェックイン。

ここは来ると台湾の家に帰ってきたような気分になる。

部屋に入りすぐに出かける用意をして、台北のロモグラフィーに向かう。

ここでフィルムを購入して、いつものアジア最大級の書店を目指す。

目的のものを視察するが空振り。

ここがダメならということで、今回はお茶だけに目的を絞ることにした。

時間ももう遅かったので、そのままの足で「饒河街観光夜市」へ。

ここでの目的は「薬燉排骨」と「大阪焼」だ。

「薬燉排骨」は薬膳スープで豚の骨付き肉を煮たもので、肉的には骨の周りに少しついている程度だが本当にスープが美味しい。

たとえ暑い日でも身体に染み渡る。

「大阪焼」はお好み焼き的な食べ物で、いつも混雑しているお店だ。

日本人はこれを見ただけで「お好み焼きじゃないやん」といいながら通り過ぎるが、できるなら先入観をもたずに食べて欲しい。

生地の柔らかさと、ツナやコーン、わさびのトッピングがとてもマッチしている。

この夜市では一番のおすすめの食、ぜひお試しあれ。

 

もういい時間になっていたので、初めて飲むドリンクを購入してホテルへ戻ることにした。

ホテルの前のコンビニで台湾ビールとつまみを買い、ホテルで一杯やってから就寝。

今回の旅はこの台湾ビールのクラッシックにはまる。

毎日、一日の終わりにこれを飲むことになった。

DAY2に続く。

 

f:id:teastore:20160616120142j:plain

f:id:teastore:20160616120200j:plain

f:id:teastore:20160616120226j:plain

f:id:teastore:20160616120252j:plain