ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

台湾買い付け旅 DAY:3

f:id:teastore:20160618120421j:plain

 

DAY:3

この日は初めて訪れる宜蘭へ。

台北からバスで1時間ほどの場所だ。

初めて訪れる場所だし、正直あまりバス移動をしたことが無かったので、ちょっと不安があったが、意外とすんなりと到着した。

宜蘭での目的は、私が好きな台湾女性シンガーの江松霖さんのライブに行く事。

築100年をこえる日本家屋をライブスペースにした場所でのライブで、場所自体にもとても興味があった。

イベント自体は12時からだったが、ライブは16時からと直前で情報を得て、予定より遅く出発した。

 

それでもかなり早く着いてしまったので、とりあえず街をふらふらしながら時間を潰す。

まずはライブスペースの場所を確認しつつ、ネットで知り合った台湾の方に教えていただいた、緑豆牛乳の名店を目指す。

緑豆牛乳が大好物な私はぜひ飲んでみたい。

事前に調べた地図を確認しながら向かうのだが、見つからず。

少し戻ると、通り過ぎていたようだ。

なぜ通り過ぎたかというと、「材料不足のため臨時休業」ということで、シャッターが降りていた。

私はこういう引きだけは強い。

仕方が無いのですぐそばのお店で緑豆牛乳を飲む。

目指していたお店の味は分からないが、ここのお店もとても美味しかった。

時間もお昼時だったので昼食を取ることにする。

歩いているときに気になった牛肉麺のお店に入り、牛肉麺を注文。

味は普通、値段は安い。

台北を出ると、多少は物価が下がるきがする。

お腹がいっぱいになったので、もう少し宜蘭の街並みを楽しんだ。 

途中、熱い食べ物を食べて汗だくだったので、かき氷が食べたくなる。

たまたま通りかかったところに、かき氷をやっているお店があったので覗いていると、店主のおじさんが「日本人?寄っていきな」と声をかけてくれたので、ここで食べることにした。

外観からはかき氷屋にしか見えなかったのだが、しっかりとした食事も出来る場所のようだ。

日本語メニューもないので指差しで注文すると、市川紗椰さんに似た店員さんがとても親切に対応してくれた。

他の店員さんも親切な方が多いお店だ。

 

ものすごい盛りのかき氷を頬張り、ライブ会場に向かうことにした。

ここでも片言の英語でもしっかり対応していただき、イベントもライブとても楽しめた。

建物の雰囲気も良いし、ミュージシャンの方との距離も近い。

わざわざ宜蘭まできた甲斐があった。

ライブ終わりには江松霖さんに片言の英語で話しかけてしまって、申し訳なかったが、快く話していただき、とても嬉しかった。

また機会があれば、また彼女のライブに足を運びたい。

 

ライブ会場を出ると、近くの夜市で夕食にすることにする。

一通りぐるっと見てから、長蛇の列ができている、宜蘭名物「葱油餅」を食べる事にした。

さすがに長蛇の列ができるだけあって、本当に美味しい。

またこれを食べるために宜蘭に訪れたい。

バスステーションに戻る途中に焼仙草を買い、駅前で食べる。

意外と 熱くてすごい量でなかなか食べ終わらなかったが。

すごく美味しかった。

帰りのバスもドロドロに眠くて、気がつけば台北に戻っていた。

ホテルに帰る前に台北の夜市に一ヶ所寄って、本日は終了。

この日から台湾ビールが二本になる。

 

f:id:teastore:20160618115433j:plain

f:id:teastore:20160618115221j:plain

f:id:teastore:20160618115823j:plain

f:id:teastore:20160618115609j:plain

f:id:teastore:20160618115456j:plain

f:id:teastore:20160618115648j:plain

f:id:teastore:20160618115708j:plain