ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

HOATEA狩野のお茶コラムvol.001【自分のライフスタイルにお茶を合わせる】

f:id:teastore:20180226175444j:plain

 

私はお茶を楽しむ道具として、たまにコーヒー道具を使います。

特に中国茶台湾茶では、カップをデミタスカップやエスプレッソカップを使いますし、ミルクジャグを茶海代わりにします。

意外と大きさや使い勝手がちょうど良いのですよね。

見た目も自分の感性に合っているというのもあるのですが。

もともとコーヒーも好きで飲んでいたので、その道具を流用しています。

別に道具代をけっちているわけではなく、ちゃんとお茶道具もあっての上です。

気分やその時のシーンによって使い分けているのです。

 

私のお茶の道は、今までように「お茶にライフスタイル合わせる」のではなく、「自分のライフスタイルにお茶を合わせる」ことをモットーとしています。

100人いれば100通りのお茶の形があっていいのではないでしょうか。

年齢や性別、仕事やライフスタイルがすべて人によって違います。

現代社会、21世紀のお茶スタイルがあり、それは自分自身が主役のお茶の形。

自分が選択し、自分自身の生活にお茶を合わせる。

これこそが未来志向のお茶の道、HOATEAが目指すところです。

 

まだまだ本格的に定まった活動をできていませんが、私自身がこのお茶の道を体現して、多くの方にお茶を好きになっていただけるように、これからも努力していきます。

これからもご一緒に、お茶をそれぞれの感性で楽しみましょう。

 

HOATEA 狩野 光洋