読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

2017.3 台湾買い付け旅 DAY4

f:id:teastore:20170421140530j:plain

 

台湾買い付け旅、最終日。
明日は朝早いフライトで日本に戻るので、事実上の最終日となる。

群馬まで戻ることを考えると、あまり最終日の遅い便を選べないのである。

なので朝早い便くらいの方が調子がいい。

 

この日は人と合う約束がある。

15:30に待ち合わせなので、それまで何をしようか。

思ってみれば今回は、まだ市場に出かけてないことに気が付く。

私は人間の営みの原点が集まったような台湾の市場が好きだ。

市場に訪れることによって、明日からの生きる活力を貰って帰る。

 

何ヶ所かある中で一番好きな市場がある蘆州に向かう。

ここは大きなお寺を中心に、市場が広がる。

写真を撮りながらおおかた一周をぐるりと回った。

ちょうど朝飯の時間なので、前回とても美味しかった豆花屋で豆花を食べる。

この店は値段がとても安いが、豆花本来の味わいを感じられる素朴な味わいが良い。

量もすごいのでこれだけでお腹がちょっときつくなった。

食べ終えるともう一軒、この地区の名物麺のお店向かう。

オープン時間より少し早かったので近くをうろついてからオープン時間にもう一度向かうと、まだ空いていない。

個人経営のたいわんのお店は若干時間にアバウトなところがある。

これはこれでこの国の文化として納得はしているので、まあよいのだが。

お店の前で開くのを見計らい店内へ。

切子麺を注文して麺をすする。

こちらも素朴な味わいが麺の美味しさを強調して好みだ。

朝飯にちょうど良い面だと思う。

お店を出ていつも豆乳を買うお店で豆乳を買って、次の目的地へ。

 

数年前にポップアップショップを見かけてデザイン性の高さに注目している「wloftea」の店舗を目指す。

ネットで場所や営業時間を調べながらMRTで向かうと、まだぜんぜんオープン時間より早い。

どうしようかと迷ったのだが、途中の四平街陽光商圏で昼食をとりながら時間を潰すことにした。

まだ腹は減っていないのだが、時間も時間だ。

とりあえずふらふらしながらどこで食べようか考えた。

普通に食べるはどではなかったので、前回も訪れた緑豆スープのあるお店へ。

ここで温かい緑豆スープをいただく。

優しい甘さと緑豆の味わいが美味しい。

ここでお腹を満たすとちょうど良い時間になった。

 

改めて「wolftea」を目指した。

この「wolftea」がある場所は、あまり土地勘がない。

ほぼ初めて向かう地区なので、スマホのマップを頼りに向かった。

やはりちょっと迷いながら、なんとかたどり着く。

噂には聞いていたが、とても狭小な店舗だ。

店舗に入るとバイト風の女の子が試飲をさせてくれた。

ここでは美味しいお茶を探しに来たわけではないので、それなりの値段の茶葉を選び一つ購入。

デザインやパッケージ込みということなのだろう、値段的にはとても高い。

奥ではオーナーさんだろうか、パソコンに向かっている姿が見えた。

デザイナーのお茶ブランド、これはこれで有りだと思う。

こんな多様性がこれからのお茶の世界には必要だと強く感じている。

 

「wolftea」を後にして、約束の時間に近くなったので台湾芸術大に向かう。

ここの貸しオフィスを拠点に活動している、台湾の竹を使ったデザイン道具のブランド「匠蔵工房」のイェンさんに会うのだ。

彼女とは日本での見本市で知り合ってから5年ほど経つ。

毎年この見本市で会いながら、ようやく現地でも会えることになった。

直接大学まで向かうのだが、生憎なことに雨が降り出した。

駅からまあまあな距離があり、雨の中では徒歩では難しいかと思ったのだが、ちょっと待っていると小雨になった。

チャンスと思い徒歩で向かうと、もう少しというところでまた雨脚が強まった。

待ち合わせ場所の正門まではいけないと判断して、なにか小さな入り口から大学内に入り、図書館らしき建物の下で連絡して待つことに。

少しすると彼女が迎えに来てくれて、オフィスへ案内してくれた。

イェンさんは直前までマレーシアに出張していたので、バタバタの中、会うことができたのだ。

お茶をいただきながら情報を交換をして、ちょっと私の計画なども聞いてもらった。

興味を持ってくれたので、いつかは本格的にこの話を動かせたらいいなと思っている。

そうこうしているといい時間になった。

イェンさんから夕食を一緒にと言ってもらったので、タクシーで板橋駅まで行き、地下の飲食店街で台南料理のお店で夕飯をご一緒した。

食べ終えると、お土産になるものなどを紹介してもらいながら、MRTの改札前でお別れ。

また日本でも台湾でもお会いできたらと思う。

 

ホテルへ向かうと、もう少しどこかへ行こうかとも思ったが、買ったもののパッキング作業もあるし、朝早いことあり、これにて今回の台湾旅を終了した。

今回はいつもより多くの台湾の方とお話しできた旅となり、11回目にして少しずつ自分が思い描いたものに近づいてきたような気がしている。

次回はどんな旅になるだろうか?
それまでに日本でもいろいろと進めていきたい。

夢の実現のために。

 

f:id:teastore:20170421160027j:plain

f:id:teastore:20170421160042j:plain

f:id:teastore:20170421160055j:plain

f:id:teastore:20170421160115j:plain

 

 

 

 

 

 

 

2017.3 台湾買い付け旅 DAY3

f:id:teastore:20170419165136j:plain

 

台湾買い付け旅3日目。

今日は昨日知り合った方に、どこか案内してもらえることになっている。

「どこか」とは曖昧だが、本当にこの時点では「どこか」だった。

ホテル前で待ち合わせとなっているので、ちょっと早めに出て待つ。

待ち合わせ時間ぴったりくらいに、昨日の方が迎えに来てくれた。

簡単に挨拶をして車に乗り込み出発。

とりあえず言葉がお互い通じないのでどうしようと思っていると、スマホの言語アプリでいろいろとコミュニケーションを取ってくれた。

一番の共通言語が英語という状態では、なかなか私的にも厳しいのでとても助かる。

 

何とかやり取りをしながら気が付くと、目的地は「三峡」だった。

ここもお茶の産地であり、私がお茶に興味がるという事で連れて来てくれたのだろうか。

車は山道をのぼり、道沿いにあるお茶屋のそばで止まった。

まずはここのお茶屋でお茶を試飲するようだ。

店内に入ると、昨日の団体の中にいたもう一人の方がお茶を試飲していた。

お茶屋のご主人に挨拶をして、私も試飲させてもらう。

緑茶の産地なのでご主人の作った緑茶が飲みたかったのだが、試飲は高山烏龍茶だった。

試飲をしながら気に行った四季春茶があったので購入を考えていたが、次へ行くぞと言うことになったのでここでは断念した。

 

改めてもう一人の方の車に乗り、一台で次の目的地へ向かった。

また山道を登ると、台湾農林の100年近くたつ日本家屋の建物へ。

中は歴史年表が飾ってあったり、お茶を販売していたりする。

紅茶を試飲しながら資料に目を通す。

そうしていると一人の方が「お土産だ」と紅茶を買ってくれた。

ここまで連れてきてもらっているのに本当に申し訳なかったが、ありがたくいただくことにした。

 

そしてまた車に戻り乗り込むと、山をどんどん登っていく。

かなり登っると急に開け、熊空茶園という場所に着いた。

天気も悪かったが、標高も高くとても寒い。

ここは台湾農林のオーガニック茶園らしく、食堂兼お茶販売所みたいなところで昼食を食べてから茶園を散策した。

絶景のロケーションにお茶の木、とても感動した。

茶園をぐるりと回ると、もう一度食堂に戻り、改めてもう一人の方に紅茶のお土産をいただく。

食事もご馳走してもらったし、ここまでしてもらえると思ってもいなかった。

本当に感謝しかない。

 

茶園を後にすると、今度は木工所に行くらしい。

案内してくれている方が木工が趣味という話だった。

三峡を後にすると、また台北方面に戻る。

まあまあな時間をドライブすると小さな木工場い着いた

土地勘があるわけではないが、たぶん見覚えのある大学のそばを通ったので、南勢角周辺かと思う。

ここでいろいろな物を見せてもらい、ここで一人の方とお別れをした。

もう一人の方に近くのとてもでかいお寺に連れていってもらい、その後にホテルまで送ってもらった。

簡単な英語で感謝を伝えたのだが、やはり自分の気持ちの半分も伝えられない。

別れてからも残念な気持ちが残る。

 

ホテルに戻ると少し休憩をし、師範大学近くのCDショップに向かう。

CDショップにいつもの店員さんがいなかったので、今回は購入に至らず。

そのまま歩きで永康街を抜けたので、途中、大好きな葱クレープを購入しようと、長蛇の列に並ぶ。

昔はすぐ買えたのだが、いまはとても人気があるようだ。

葱クレープで小腹を満たして、また買い残したものを買いに向かう。

あらかた目的を済ませ、新北の夜市と寧夏夜市をはしごして夕飯に。

いつもの牡蠣オムレツやイカのフライ、帰りがけに双連のかき氷屋でデザートを食べてフィニッシュ、ホテルに戻った。

 

今日はたまたまの出会いにより、たくさんの素敵な経験をすることができた。

お気づきかもしれないが、案内してくれた人を「方」と呼んでいる。

実は言葉が通じず、名前を聞くことができなかったのだ。

何度も思うが、やはり言葉が通じるという事は素晴らしいことなのだなとつくづく感じる。

もう再会することは無いかもしれないが、一期一会という言葉をもう一度心に刻もう。

私も出逢った人立ちに優しくできるように。

 

f:id:teastore:20170419183737j:plain

f:id:teastore:20170419183803j:plain

f:id:teastore:20170419183822j:plain

f:id:teastore:20170419183834j:plain

 

 

【カモミール&うすべにいろ発売記念 羽田りさLive in ティーストアー】

f:id:teastore:20170413113628j:plain

 

先日のヒグチアイさんのライブに続きまして、4月22日(土)に羽田りささんのライブをティーストアーの二階にて開催いたします。

今回は羽田りささんのニューシングル「カモミール」と、HOATEAの新オリジナルブレンドであり羽田りささんのイメージブレンドである、リラックスブレンド「うすべにいろ」の発売記念ライブとなりまして。

ティーストアーでは初となる完全生音のスペシャルなライブです。

羽田さんには前店舗でもライブをやっていただいたことはあるのですが、今回はワンマンですし生音ライブ。

どんなライブになるのでしょうか、個人的にも今からとても楽しみです。

 

通常のティーストアーライブですと、テーブルを脇に寄せて椅子を並べるライブ方式だったのですが、今回は生音のライブをゆっくり聴いていただくために、お席をそのままで開催することにしました。

紅茶を飲みながらゆっくり羽田さんの歌を聴いていただけたら幸いです。

しかしそのためなのですが、今回はいつもより席数が少ない限定数ライブとなっています。

ご興味のある方はお早めに席のご予約をしてください。

無理やり詰め込むこともできませんしね、どうぞご了承ください。

ご予約は基本的には羽田さんのHPの予約フォームからお願いします。
ティーストアーのご利用の際、店頭でのご予約は私も承ることはできますので、お気軽にお声掛けください。

ぜひこの日は羽田さんと紅茶を楽しみにお出かけください、ご来店をお待ちしております。

 

カモミール&うすべにいろ発売記念 羽田りさLive in ティーストアー】

New Single『カモミール』と、羽田りさをイメージして作られたティーストアーの
リラックスブレンド『うすべにいろ』発売を記念した、限定25席の完全生音Live。
紅茶を飲みながら、ゆったりと音色に包まれるSpecialな夜です*

 

会場 ティーストアー
群馬県前橋本町2丁目8-9
http://bsteastand.wixsite.com/hoatea

4月22日(土)
18:00開場 18:30開演
チケット2,000円(1drink込)
※限定25席のLiveとなりますので、ご予約はお早めにお願い致します。

 

www.hanedarisa.com

 

 

 

 

 

CM2 CAFEさんにお邪魔してきました

f:id:teastore:20170411131123j:plain

 

本日は定休日。

ティーストアーはいまのところ、月曜日と火曜日にお休みをいただいています。

週二日もと思われるかもしれませんが、すべて一人で運営しているので休みといっても半分以上は仕事をしているのです。

その合間その合間で個人的な用事などを済ませるのですが、なかなか時間がうまく使えずなところが悩みの種でして。

 

しかしそんな日々でも息抜きは大事です。

本日は先日のライブにフードとしてもご出店していただいたCM2 CAFEさんにお邪魔してきました。

なかなかタイミングが取れず伺う機会が逃していたのですが、ようやくといった感じでお邪魔できました。

とても素敵なお店で、休日のお昼時間を楽しむには最適だなと。

今日はエビトマトクリームのパスタをチョイスです。

生麺でお願いしたので、もちもちな麺とぷりぷりなエビ、チーズもたっぷりでとても美味しかった。

1人の時はあまりパスタなどは食べに行かないのですが、CM2 CAFEさんはカウンター席もあるので、男一人でも居心地がいいですね。

それとCM2 CAFEさんに併設している、キネマトベーカリーさんでもパンをゲットしました。

先日のライブでもレモンパン(まだ店舗では販売していません)が好評だったので、食べるのが楽しみです。

あまり夕飯にパンを使うことは無いのですが、今日はサンド的なものキネマトベーカリーさんのパンを使って作ってみようと思います。

 

f:id:teastore:20170411133736j:plain

f:id:teastore:20170411133748j:plain

 

CM2 CAFEさんはちょっとメインの通りから入ったところにあるのですが、近くに目印となる病院や学校、スーパーなどが周辺にありますので、ぜひ遊びに行ってみてください。

食事をとれてパンも買える、うーんとても憧れますね(笑)。

CM2 CAFE&キネマトベーカリーさんには、ティーストアーの6月のイベントにも出店していただける予定となっています。

紅茶とのペアリングもお楽しみいただけると思いますのでご期待ください!

 

「CM2 CAFE」

群馬県高崎市矢中町 315-6

027-388-9135

 

カップスリーブにスタンプを捺してみました

f:id:teastore:20170409132613j:plain

 

先日からなのですが、紅茶スタンドのカップスリーブにスタンプで捺印していまして。

台北唯一の活版活字の工場で作ったスタンプを使用しています。

この間の買い付けの時にも作りましたし、実は以前から作ってあったのですが使用していなくて。

使い道に迷っていたので、試験的にですがカップスリーブに使ってみました。

まだ腕が悪いのか、インクの問題なのか、擦れたものばかりなのですが、これも味と思っていただけたら幸いです(笑)。

とりあえず今のところ4種類のスタンプをランダムに捺して使用しています。

この画像が「紅茶商店」で、ティーストアーの意味です。

 

f:id:teastore:20170409134438j:plain

 

これは「前橋城市」。

前橋シティーという意味になります。

 

f:id:teastore:20170409134627j:plain

 

こちらは「前橋土産」。

これはこのままで、ティーストアーの商品のほとんどはここでしか手に入らないものなので、前橋のお土産的にお使いくださいという想いを込めています。

 

f:id:teastore:20170409135118j:plain

 

そして最後が「ホアテイ」です。

私の紅茶ブランドHOATEAの方かな読みとなります。
小さいィがないので「ホアテイ」となっています。

これはこれで、外人さんが使うカタカナみたいでいいかなと(笑)。

 

これで少しはカップの見栄えが良くなるといいのですが。

お客様の反応を見つつ、本採用しようか決めようと思います。

よかったらぜひ実物をご覧くださいませ。

 

2017.3 台湾買い付け旅 DAY2

f:id:teastore:20170406164933j:plain

 

運命なんて言葉は儚いものだ。

朝起きると、昨日に運命的と感じた傘が無い。

よく考えてみると、帰りに寄ったセブンイレブンに忘れたのだ。

やはり運命なんて思うのはよそう、裏切られるだけだ。

 

この日は前回の買い付け旅でもお世話になったジェームスさんに、坪林の茶農家さんのところへ連れていってもらうことになっている。

個人ではなかなか足を運ぶには不便な場所にある茶農家さんなので、本当に助かる。

前回はバスで坪林で現地集合だったが、今回は新店駅前のファミリーマート前で待ち合わせだ。

出発の準備をして西門町の駅へ向かい、新店線に乗る。

新店まで少し距離はあるが、終点なので乗り換えにも気を使わないのでぼーっとむかえる。

新店に着くと、やはり小雨がぱらついていた。

待ち合わせ時間よりだいぶ早く着いたので、ちょっと駅周辺を散策する。

朝食がまだだったので、前回寄ったお店を目指した。

しかし時間が早いのでやっていない。

このお店だけではなく、意外と他のお店もオープンが遅い。

仕方ないのでふらふら歩いていると新し目な小籠包屋さんを見つけ、ここで朝食をとることに。

安いお店の小籠包だったのであまり味は期待していなかったのだが、皮が厚いのはしょうがないとして、味は意外と繊細でスープもたっぷりな小籠包だった。

とても美味しい。

機会があったらまた訪れたいと思う。

 

食べ終わるとちょうど時間もよく、待ち合わせ場所のファミリーマートに向かう。

すでにジェームスさんが着いており、挨拶をして車に乗せてもらい、坪林に向かう。

向かう車内では、いろいろと話をした。

ジェームスさんは日本語の理解度が高いので話しやすし。

そうこうしているうちに茶農家さんに到着。

茶葉畑を見回せるロケーションがお茶好きにはたまらない場所だ。

食事処担当の弟さん夫婦に挨拶をし、さっそくご主人とお茶のテイスティングをする。

前回はとてもシャイな人という印象だったが、2度目の訪問とあって笑顔で迎え入れてもらえた。

ジェームスさんを介していろいろと質問をしながら、好みのお茶をチョイス。

今回もまた素晴らしいお茶に出逢えた、嬉しい。

ご主人に買うものを伝えると、隣の食事処でお昼をご馳走してもらえることに。

ブランデーも呑むか?と聞かれ、昼間の酒は苦手だったが、もてなしてくれるご主人の気持ちをいただくことにした。

お昼の準備が終わるまでしばし歓談していると、8人くらいの団体客が入ってきた。

なにか中学校の元教師の集まりらしい。

一緒にお茶を飲み話をしていると、日本から来た客人として気に入ってもらったようだ。

食事の準備が整うと、隣の食事処で昼食をいただく。

すべて美味しかったのだが、ここの豚足が絶品だ。

台北で食べるものより薄味で、これだけで食べるにぴったりだと思う。

ご主人との食事を終えると、団体客の皆さんと日本の話になる。

いろいろと話していると、1人の方が明日、違うお茶の産地に連れていってくれるという話になった。

ありがたい申し出だが、言葉も通じないのに大丈夫か?と一瞬頭をよぎったが、これももてなしということでお願いすることに。

ホテルの場所を伝え待ち合わせ時間を決めてこの場ではお別れをした。

 

そして目的のお茶を購入して茶農家をあとに。

その後はジェームスさんの住む桃園へ向かった。

桃園は空港以外では二度目くらいで、まったくと言って何があるか分からない。

中心地に車を停めると、しばし二人で街中を散策した。

会話をしながら百貨店に入り、紅茶店でお茶をしようという事になった。

お店に着くと、同じライングループにいる呉さんが合流。

お茶を飲みながら呉さんの得意な手品を見せてもらう。

和やかな時間を過ごした。

そして時間もいい時間になってきたので、駅まで送ってもらい、彼らとはここでお別れとなった。

 

電車で台北駅に向かい、一度ホテルでちょっと休憩してからすぐに買い付けに出た。

いつもの目的地を何か所か回ったあと、カルフールで買い物をする。

その足で延三夜市で好物の肉綜と魚丸湯を食す。

変わらず美味しかったのだが、ここでも値上げがあった。

全体的に夜市の食べ物が来るたびに値上げになっている。

しょうがないことだが。

この後は新荘のお気に入りのお菓子屋さんにお土産を買いに向かう。

新月橋の橋の袂というロケーションと、優しい味のお菓子たちが好きだ。

最近はここでほとんどのお土産を購入する。

 

お土産を購入するとまだ時間があったので、大荷物を持ちながら夜市のはしごをする。

最終的には松山の饒河街夜市まで大移動した。

饒河街夜市では目当ての薬膳排骨を目指す。

三兄弟というお店で、ここの薬膳排骨は抜群に美味しい。

私の中では台湾の食べ物で一番好きと言いえるものだ。

席に着くと店員のお兄さんにオーダーを伝えると、「いま作っているから10分くらい待ってくれ」 とのこと。

10分くらいならいいかとぼーっとしていると、10分過ぎてもこない。

結局30分くらい経ったが、まあしょうがない。

待つことも厭わないくらい好きな物だから。

やはりこの日も美味しかった、また食べにこよう。

薬膳排骨のあとはいつもの大阪焼きとサボテンジュース。
これも私の中では定番だ、こちらも美味しかった。

今日も食べ過ぎなくらい食べたな。
意外と時間も終電が近く、慌ててホテルに戻り就寝。

明日はどんな出会いがあるだろうか、期待と不安で胸がいっぱいだ。

 

f:id:teastore:20170406180402j:plain

f:id:teastore:20170406181137j:plain

f:id:teastore:20170406181158j:plain

f:id:teastore:20170406181439j:plain

 

 

2017.3 台湾買い付け旅 DAY1

f:id:teastore:20170404111111j:plain

 

1月中旬に行くはずだった、台湾買い付け旅。

予約していた航空会社がまさかの解散という憂き目にあい、改めて3月になった。

しかしなぜだか1月は気持ち的に乗る気になれなかったのだが、3月に移ったことでモチベーションが回復し、行く前からワクワクする気持ちが高まっていたので、これはこれで良しとしよう。

 

前回の旅日記でも書いたのだが、群馬からの旅はまず成田までのもうひとつの旅があるていっても過言ではない。

バスに3時間半ほど揺られ、初めてのターミナル1に到着。

今回はエバー航空なのでいつもとターミナルが違った。

午後3時くらいのフライトだからか、思っていた以上に空港が混んでいた。

さっさとチェックインを済まして出国手続きへ。

旅慣れた土地への渡航なので、この辺はまったく問題なく進む。

日本を飛び立つと、エバー航空の飛行機を堪能。

堪能と言ってもエコノミークラスでは、LCC便と快適さはさほど変わらない。

まあ4時間くらいのフライト時間の台湾だったら、エコノミーでもLCCでも何でもいいのだが。

 

予定より少し早い時間で桃園空港に到着。

今回は先日ようやく開通した、桃園MRTで台北に向かう。

各駅停車だと遅いのだが、ちょうど電車が発車するところだったし急ぐ旅ではなかったので、そのまま各駅停車に乗り込んだ。

快速だったら30分ほどで着くところを、45~50分ほどかかっただろうか。

それでもストレートに台北駅まで行けるので、行きはバスより便利な気がする。

 

台北駅に到着すると、いつもの出口方向が感覚的につかめなくちょっと迷う。

何とかいつもの出口を見つけ外に出ると、小雨が降っていた。

さすがに台湾でも、この季節の雨はちょっと寒い。

小走りでホテルに向かいチェックイン。

今回も定宿の安ホテルだ。

荷物だけ置いて、さっそく台北の街へ繰り出す。

雨が降っているので台北駅へ向かう途中、傘屋で傘を買う。

何か運命的な感じで惹かれるロイヤルブルーの折りたたみ傘をチョイス。

雨だが心がちょっとウキウキになる。

 

まずはいつも通り、誠品書店に向かう。

もうホテルに着いたのも7時近かったので、初日はここを視察してあとは夕飯を食べる事にした。

ぐるっと回ってあまり収穫が無かったので、直ぐに寧夏夜市へ。

最近はあまりこの夜市は使っていなかったのだが、行きなれているのとホテルから一番近い夜市ということで、今回は頻繁に使うことになる。

いつものお店で臭豆腐を堪能すると、お目当てのお店が無い。

仕方ないので夜市をはしごし、双城街夜市へ。

ここもよく使う夜市だ。

最近台湾に来ると絶対に食べる仙草を食べようといつものお店で注文するとテイクアウトで渡される。

そうだ席に座らないとテイクアウトと思われるのを忘れていた。

しょうがないので熱々の仙草ゼリーを持ちながら、いつもどんな天候でも混んでいる牛肉麺の屋台にチャレンジ。

行く度に込んでいて断念していたのだが、雨の日だからか座るところがあったので今回はどうしても食べたかった。

牛肉麺は安い屋台やお店だとそれなりの味なのだが、ここは飛びぬけて麺が美味しい。

牛肉の味付けもいいし、値段も安い。

スープはそれなりだったが、これはいつも混んでいるのは納得だ。

牛肉麺を食べている間もひっきりなしで出て行く水餃子も人気で、次回はそちらもいただこう。

 

お腹いっぱいになり、ちかくの雑貨屋を見てからホテルに戻る。

ホテル最寄のコンビニで果物を買い、初日は終了。

果物と仙草ゼリーをデザートとして食す。

明日は坪林の茶農家のところへ行く。

疲れと美味しいお茶との出逢いの期待を胸に、そのまま就寝。

初日からよく動いたものだ。

 

f:id:teastore:20170404120520j:plain

f:id:teastore:20170404120541j:plain

f:id:teastore:20170404120600j:plain

f:id:teastore:20170404120621j:plain