ティーストアーの日々

ティーコーディネーター狩野のお話

お茶を外に持ち出そう

f:id:teastore:20170117195120j:plain

 

最近のお出かけの相棒、ステンレスボトル。

これに温かいお茶を入れて、ちびちび飲むのが本当に楽しんです。

昨日は台湾鉄観音を、本日はあまった材料で作ったルイボスティーブレンドでした。

温かいお茶を外で飲めるというのは、寒い季節では身体も心も温まります。

ましてやペットボトルではなく、しっかりと自分で淹れたもの。

お茶の種類も選べるので、気分に合わせていろいろなお茶を持ち出したいです。

 

やはり、淹れたてよりは味は落ちますし、保温が続くので時間が経つにつれて味の劣化もあります。

それ以上に外に持ち出せるという事が大事で、完璧なお茶を望むのではなく雰囲気を楽しむ、ここが大事だと思っているのです。

お茶って淹れ方によって調整がきくものですので、真摯にこだわった一杯、食事に合わせる一杯、外に持ち出すライトな一杯と、シーンによって楽しみたいですよね。

今日はショッピングモールのフードコートで昼食をとったので、車に戻ってからの温かい一杯が本当に美味しかったです。

食事の後にしっかりとお茶を飲めるところなんて、そうは多くありませんからね。

皆様もぜひぜひ、外にお茶を持ち出しください。

いまの季節でしたら風邪などの予防効果も期待できますので。

 

因みになんですが、画像に写っているステンレスボトルは、ドン・キホーテで500円で買ったものです。

ちょうど家で使っている急須満水くらいの容量で、何かと重宝しています。

直接飲むタイプも所有しているのですが、温かいお茶だと熱くてなかなか飲めないので、飲杯的なキャップが付いているタイプのほうが好みです。

ちょうどティーストアーで販売している「紅茶トートバッグ」にぴったり納まるサイズなので、今度、試してみようと思います。

お茶を持ち出すためのグッズをお店でも揃えてみようかな?

いろいろと企画したいと思いますので、ご期待ください。